お知らせ
業務用次世代生ゴミ処理機のご紹介

近年、東京などの都市部では生ごみの処理が大きな社会問題になっています。今後、環境問題として会社などのごみに対する対策がますます重要になってきます。

従来タイプの生ごみ処理機は電気代が高く、装置の大きさや設置条件、悪臭、処理後の堆肥処分等に悩まされてきました。その悩みを解決するために開発されたのが「ゴミマジック」です。

微生物を利用した生ごみ処理機なので、少しの電気代・水道代で維持することができます。また、微生物の力で「水」と「炭酸ガス」にしてしまいますので生ごみも残りません。

この商品は数年前より帯広市内の某ホテルで1日100キログラム処理できるものを2台納入・メンテナンスしていますが、順調に稼働し、投入後24時間で生ごみがなくなっています。
毎月の生ごみ処理費用☓120回で計算してみてください。今後10年間で支払う費用になります。ご導入いただければ、必ずコスト削減につながると思います。

先日、帯広市の担当者にも話をうかがいましたが、微生物型の生ごみ処理機に大変期待されていました。

ぜひこの機会にご検討いただきたく、ご案内させていただきます。
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

掲載日:2018年01月27日