1. HOME
  2. 事業案内
  3. ディスポーザ
  4. ディスポーザー(収益物件)

ディスポーザ

Dispose

ディスポーザ

ディスポーザー(収益物件)

ディスポーザを使用した24時間生ごみ処理システム(集合住宅対応モデル)

単体ディスポーザ
YD130BW

日本下水道協会適合評価システム

排水装置付きディスポーザ キッチンカラット CDS-101S

平成16年「性能基準(案)適合評価」

アパートの建設が急増・空室への対策は?

2015年夏頃からアパートの空室率が急上昇

一般的に築年数が経つほど、空室は多くなる傾向にあります。家賃が同じ水準であれば、入居者は設備の整った築年数が新しい物件を選ぶでしょう。新しいアパートが増えれば、玉突きの様に入居者が出て行ってしまいます。アパート経営は新築時がよくても、築年数が経過すればするほど厳しくなります。

北海道の賃貸物件空室率は

総戸数 入居戸数 空き戸数 空室率
791,200 596,900 194,300 24.6%

10部屋中の2-3部屋は空き部屋になっているのが平均値になります。

ディスポーザーを付けたらどうなるか考えてみよう。

例えば東京等のマンションでは人気設備としてディスポーザは大変人気がある設備ですが、普及率は24%となります。低い訳は、建物に専用排水管、地中に処理層、毎月維持管理費等の費用がかかるため、付加価値の高いマンションへの設置が主流です。

帯広音更では既存の排水管が使え、処理槽も必要なく、直接下水道に流し、維持管理費も不要、都心の付加価値の高い設備を導入したアパートを多くの人に注目してもらいましょう!

アパートオーナー様のメリット

  • ごみ捨て場を猫・カラスに荒らされて汚される心配がありません。
  • ごみ捨て場の汚れが減るので掃除が楽になる。
  • 入居者さまのメリットをPRすることで入居者獲得が他のアパートに比べて有利になります。
  • ディスポーザ付の物件は少なく、一度使用すると無くてはならないものになります。

入居者様のメリット

  • 生ごみを出す手間が無くなります。
  • 部屋に生ごみを置かないので夏場の嫌な臭いが無くなります。
  • 生ごみがないのでハエなどの発生を抑えれます。
  • 流しに生ごみを置かないので、いつも清潔で綺麗なキッチンになります。
  • 生ごみの処理が24時間可能。

物件の募集広告イメージ

この物件のお部屋見てみたいとおもいませんか。

ディスポーザ付物件
生ゴミの処理が24時間可能な物件です。料理好きな方向けの部屋です。生ゴミ処理が楽なので単身赴任の方に人気です。

ディスポーザは、キッチンの排水口に取り付ける「家電」です。ディスポーザに生ごみを投入し蓋を回すとスイッチが入り、粉砕し、配管を通して下水処理場で資源にされます。

6部屋家賃6万円の物件の場合の例

(収入と経費のまとめ)単体ディスポーザ1台15万円で計上。

ディスポーザ 1年目 2年目 10年間 入退経費 設備経費
入退時取付 330万円 432万円 4218万円 320万円 90万円 3808万円
付けない 330万円 330万円 3300万円 320万円 0万円 2980万円
全室付ける 330万円 432万円 4218万円 32万円 90万円 4096万円

※ディスポーザを入れることで空室率の低下、家賃維持が可能。

住んでいる方に少しでも
長くすんでもらう為の方法
アパートの収益改善と今後の運用を考えてみませんか?