古い家でも塗り替えだけで別の家のように!

家の外壁塗装効果がなくってきたり、ひび割れやコーキング割れを
『家は住めればOK』とそのままにしがちです。
そのままにした場合、隙間から水が浸入し冬場に凍結を繰り返すことによりヒビなどが広がり、大きな隙間になり水が浸入し家の柱や土台柱等の木材の構造材(骨)を腐らせます。

塗装は 屋根・壁を綺麗にすることだけが目的でなく、壁や屋根の下にある重要な部分を守り いざ改修工事が必要になったときに経費がかからない様にすることが目的です。

特に壁のヒビやコーキングが切れていたり、壁が歪んでいたら、早めの相談が大切だと思います。

家にも表情があります。
健康的な家って気持ちいですね!

設置例

  • 外壁塗装1 1) 施工前の家の外壁です。
    下地工事・・・白く塗られている部分は窓の取り換え工事で新しくなった壁と、ヒビや欠け等の補修の跡です。
    塗装工事の前には下地補修などきちんとやりましょう。

  • 外壁塗装2 2) 施工後がこちら。
    防水のための基礎の塗装、2色の壁で変化をつけ、屋根は茶系の色にしました。
    上の施工前と比べてみてください。色がしっかりしていて見た目が違いますね!

    こちらは以前作成した「外壁のメンテナンスについてのパンフレット」です。是非参考にしてみてください。⇒ 住宅の最大の敵は水!(PDF)
お問い合わせ