サイディングで外壁を美しく!断熱効果もアップ

冬になると体温を逃がさないため厚着をしますよね。家だって厚着をすれば家の中の熱が外に逃げにくくなります。
熱が逃げていく場所は壁だけでは無いのですが、家全体をさらに包み込む工事をすることで、冬暖かかくなります。

通常の外壁工事は、外壁を剥がして断熱材を取り換えたり、外壁自身を貼り換えるといった工事になるため、工期も費用もかかります。それに比べてこのサイディングによる工事なら既存の壁も生かせ、簡単に壁の厚みが増しますね。

昔はこの方法では中で結露になるケースもあったり、それほど断熱効果が少ない場合もありましたが、今は工法や素材がかなり進化しておりますので、安心してください。断熱効果の他に、ご覧の通り家の見た目もかなり変わりますよ。

設置例

  • 外壁サイディング1 1) 施工前の家の外壁です。既存の壁の断熱材の状態を確認してから工事に入ります。足場を組んで作業開始になります。
  • 外壁サイディング2 2) 板と金属のレールを既存の外壁に貼っていきます。このラインを基にしてこれから外壁(サイディングのパネル)を貼っていきます。
  • 外壁サイディング3 3) サイディングを始める一番下のレールです。通気の穴が開いています。これにより今までの壁とサイディングの間の換気が良くなります。
  • 外壁サイディング4 4) 完成です。足場を外した状態。
    壁の色、新築の様にきれいですよね。外壁リフォームは見た目も美しく大変人気で、リフォームでのお問い合わせがたくさん入っておりますよ。皆さんもいかがでしょうか。

動画

お問い合わせ