ヒビのある基礎(コンクリート)は塗装で守る!

家の土台となるコンクリート部分のことを「基礎」といいます。古い家になると基礎部分に枝のような模様でひび割れが出てきますね。
地震や外的ショックによるケースもありますが、雨などで吸水&乾燥を繰り返すとヒビが入ってきます。

このような場合、防水性を高めるため塗装をして基礎を長持ちさせる必要があります。
ひび割れを見えなくするほか、家の湿気対策、基礎の劣化を防ぐなど、ペンキを塗ってただ見た目だけキレイにするという工事ではありませんので、自宅の基礎のひび割れが多くなってきたなと思ったら、是非ご相談ください。

設置例

  • 基礎塗装1 1) お家の基礎部分(コンクリート)は雨などで吸水→乾燥を何度も繰り返すとひび割れが起こってきます。地震や外的ショックの場合を除き、だいたいは防水塗料で色を塗って長持ちさせます。
  • 基礎塗装2 2) 塗り直し後がこちら。新しいコンクリートのように見えますよね。防水になっており、ひび割れ部分やシミ部分もこれで長持ちします。
  • 基礎塗装3 3) 家全体の基礎を同じようにペンキで塗ります。防水効果により家の中の湿度もかなり違ってきますよ。
  • 基礎塗装4 4) ご一緒に車庫のシャッターの塗り替えもご検討ください。
    とってもキレイになりますよ。

動画

このリフォームの紹介

特徴
  • ひび割れやシミが見えなくなります
  • 塗料により防水されます
  • コンクリートが長持ちします
平均予算
工事期間
その他

お客様の声

建物のコンクリート部分がひび割れ・シミが目立ち始めていて、古くなってきているからなのかなと思って相談したところ、どうやらコンクリートは防水効果が無くなると気候の影響でだんだん劣化していくとのこと。

塗装は基礎部分のみ工事期間は1日で済みました。
コンクリートを塗りなおすだけでこんなに家の姿が引き締まるんだなぁと感じます。

お問い合わせ