玄関ドアで暖かさを逃がさないリフォーム

玄関ドアを交換するとなると、通常はサイズの関係で壁なり床なりいろいろ工事をする必要があり、大掛かりになっていたものでしたが、「リフォーム」の玄関ドアは既存のドア枠をそのまま使います。
ドア枠からネジを外して新しいものを取り付け。短時間で終わりますね。
バリエーション豊富なドアはカタログにてたくさんご覧いただけます。

ドア交換の効果は抜群!特に玄関横にトイレがある家のケースは、寒かったトイレの出入りが大変軽減されるはずです。ドア窓にもご注目。光が玄関内にまんべんなく入るよう計算されております。

設置例

  • 玄関ドア1 1) こちらが取り換え前の玄関ドア。鉄板が薄く、冬は家の中の暖気が逃げてしまいます。窓が上と横にありますが、ご覧の通り玄関内部では広く光が行きわたる状態ではありません。
  • 玄関ドア2 2) 古い玄関ドアの取り換え開始。但し、既存の外枠のみは残して新しいドアを入れるという工法。これにより床や壁など無駄な工事をせず、工事費用や工期がグッと抑えられます。
  • 玄関ドア3 3) 完成です。古い玄関ドアの外枠はカバーされ見えなくなるので新品のような仕上がりになります。重厚感のある扉でしょう。ショールームではもっとたくさんのドアが体験できますよ。
  • 玄関ドア4 4) 玄関内部もこの通り、太陽の光が扉手前の床面までしっかり照らされるようになりました。夜には近所の街灯の光が入ってくるので、安心感があるそうですよ。

動画

このリフォームの紹介

特徴
  • ドアが厚くドッシリ、大きくなります
  • 玄関から家の中の暖かさが逃げにくくなります
  • このドアの場合、細窓効果で玄関がより明るく
  • カギが大変しっかりしています。
平均予算
工事期間
約1日
その他

お客様の声

我が家は玄関の横にトイレがあり、冬は寒い思いをしながらトイレに行かなければなりませんでした。朝日はそれなりに入ってくるのですが、玄関が北向きなので午後になると光があまり入ってきません。そのため玄関内部が薄暗いイメージでした。
今回取り換えた玄関ドアは、外壁の工事と一緒に行ったため色や形はそれに合わせたものにしました。
我が家の新しいドアは、縦長に入った2本の細い窓があるため、外からの光が床面全体に差すようになり、夕方まで大変明るく夜間も近所の街灯の明かりがほのかに入るようになりました。
通常、ドアの取り換えはドアの外枠も全て取り外すような工事になるそうで、床面や壁も工事しなければならない場合があるそうですが、今回のリフォーム方式は、工事は数時間で完了し費用もグッと抑えられました。
新品のドアは高級感があり、カギもしっかりしたもの。まだ冬は経験しておりませんが、かなりドッシリした感じで断熱効果が期待できそうです。

お問い合わせ